話題の人気 【収蔵家蔵・戦・青銅製・水坑青銅劍】祭祀品・附葬品・古賞物・古美術品・中国時代美術011264 その他
話題の人気 【収蔵家蔵・戦・青銅製・水坑青銅劍】祭祀品・附葬品・古賞物・古美術品・中国時代美術011264 その他
v1031289084-145-iA1
33,000円 110,000円
绿色中国风青铜剑| eBay, 绿色中国风青铜剑| eBay, 绿色中国风青铜剑| eBay, 绿色中国风青铜剑| eBay, 绿色中国风青铜剑| eBay, 中国古董剑| eBay
カテゴリ
  • アンティーク、コレクション
  • 工芸品
  • 金属工芸
  • 銅製
  • その他
状態
  • やや傷や汚れあり
【収蔵家蔵·戦·青銅製·水坑青銅劍】祭祀品·附葬品·古賞物·古美術品·中国時代美術011264
商品説明
商品のサイズは (約寸):長さ:60cm幅:5cm
素人採寸の為、多少誤差ご了承下さい。
送付方法
佐川急便
支払方法
Yahoo!かんたん決済
注意事項

◆ 手持小物欠損、剥がれ、小アタリ、スレ、シミを始め状態詳細は上記の画像にてご判断の上ご入札下さい。

◆目視による範囲のキズは出来る限り明記しておりますが、当店で扱っているお品物は骨董品がほとんどです。

◆経年のモノですので、説明しきれない時代物としてのスレや、変色、使用によるへこみやアタリ、小キズ等の欠点はあります。 時代感など、欠点も含めて愛して頂ける方の入札をお待ちしています。

◆また、お使いのPC環境、モニタにより見え方に差異が生じる事を予めご承知ください。 それを踏まえた上でよく画像をご覧頂き、ご入札ください。

◆そういった商品の欠点を気になさる方、 神経質な方はご入札を控えて頂いたほうがよろしいかと存じます。

◆落札画面にて、案内に従ってお手続き下さい。ご入金確認後に早急に発送させて頂きます。

◆当方の受け取り限度額に達している場合、Yahooかんたん決済はご利用いただけない場合があります。
◆画像でご判断、ご納得頂いた方のみのご入札をお願い致します。ご入札は十分ご検討頂きご納得の上で行って頂けますようお願い致します。
ご不明な点等御座いましたら、ご入札前に質問欄からお問い合わせください。

◆ ご落札されてから48時間以内にお名前?お届け先等のご連絡、ご落札から5日以内にご入金出来る方のみご入札お願いします。上記の期日が守れない場合は、いかなる理由がございましても「落札者都合のキャンセル」をさせて頂きます。ヤフーオークションシステム上「非常に悪い」を付けられます。さらに、落札代金の20%を支払うことになります。ご了承くださいませ。

◆ 誤入札、または入札後のキャンセルの申し付けが発生する場合に、落札代金の20%を支払うことになります。ご了承くださいませ。

◆ 当店に重大な過失がない場合の返品はいかなる理由があっても一切お受けいたしません。

◆この品は未検査、未鑑定品です。当方でも真贋の保証はしかねます。お客様がご自身で真贋の鑑定を行った場合、発生した費用は当方は負担いたしません。

◆上記内容をご納得を頂いた上でご入札をお願い致します。

绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
中国古董剑| eBay

绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
中国古董剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
中国古董剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
中国古董剑| eBay
中国古董剑| eBay
绿色中国风青铜剑| eBay
中国古董剑| eBay
書評

話題の人気 【収蔵家蔵・戦・青銅製・水坑青銅劍】祭祀品・附葬品・古賞物・古美術品・中国時代美術011264 その他

私のピカソ 私のゴッホ
  • 著者:池田 満寿夫
  • 出版社:中央公論社
  • 装丁:ハードカバー(137ページ)
  • 発売日:
  • ISBN-10:4120012522
  • ISBN-13:978-4120012525
内容紹介:
ピカソ、ゴッホ、そしてモディリアニ。青年の日に深い衝撃と決定的な影響をうけ、今なお心を捉えて離さない天才たちの神話と芸術を、自らの青春と重ね合わせて描く白熱のエッセイ。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


丸谷 これは優秀な画家であり作家である池田満寿夫さんの書いた画家論です。ピカソとゴッホのほかにモディリアニが取り上げられていますが、語り口は大体同じですから、一番短いモディリアニ論を紹介しましょう。

モディリアニは裸婦をたくさん描いていますが、池田さんは、高校時代、はじめて裸体モデルを前にしたとき、極度の緊張感と激しい欲情で全身がふるえ、射精しそうになるのをこらえながら、モデルの下腹と陰毛を見つめていたそうです。しかし、画家はモデルを見ているが、モデルも画家を見ている。「モデルもまた興奮したり欲情したりするのである」と彼は断言します。

〈画家と裸体のモデルとが一対一である場合、しかもそれが密室の画家のアトリエである場合、エロティックな関係が生まれる可能性が大きいと考えるのは決して不自然ではない。裸体画に関する世間一般の“淫らな”とか“不謹慎な”とかの反応は、人々が描かれた裸体画だけからそう感ずるのではなく、(中略)裸のモデルと画家との密室の情景を想像するからに他ならない〉

だから……というと、おかしいかもしれないけれど、池田さんは高校以後、モデルは滅多に使っていないそうです。自分のアトリエでは、アメリカにいたとき一度だけ。妻や恋人をモデルにしたことはない。写真を利用して間に合せているといっています。

この、アトリエで裸婦を描くことが画家の心理に及ぼす作用については、誰だって関心があるはずですが、そんな幼稚なことは考えないという調子で、誰も書きませんでした。それを池田さんはあっけらかんと書く。あっけらかんと書いて、しかもその文章は上品な印象を与える。魅力がありますね、こういう男は。

マン・レイがモンパルナスきってのモデル、キキを初めて使ったときのことを打ちあけているそうです。マン・レイも学生時代から裸婦を「無心な画家の眼」で見ていたわけじゃなくて、キキのときもそうだった。キキは陰毛がなかった。描いているうちに邪念が起ってきたので着物を着るようにといって二人で外へ出てキャフェへ行ったそうです。

この陰毛の問題についての考察がまた面白い。ケネス・クラークは『ザ・ヌード』という本で、英語ではネイキッド(はだか)とヌード(裸体像)と二つあるといって――この本ではネックドと書いていますが、この発音は間違いで、ネイキッドが正しい――その区別を講義しているそうですが、池田さんはズバリとこう言うんですね。陰毛の描いてないのがヌードで、描き込まれてあれば、それはネイキッド。(笑)

JIMMY CHOO - 【きらら様専用】JIMMY CHOO 長財布

興味深いことに、彼は生涯でたった二点の絵でしか空を描かなかった、と池田さんはいってます。これは画家らしい実際的な指摘なんですけれども、モディリアニの描く女はいつも密室の中にいる。しかも群像ではなく、ほとんど一人だけの人物像です。つまり、一人のモデルと相対するだけでへとへとになるくらい緊張していたのだろうと池田さんはいってるんです。

こういう語り口の、ざっくばらんな美術論でして、ざっくばらんでありながら、美術の急所を教えてくれる、面白い本でした。

MERCURYDUO - マーキュリーデュオ♡正規♡コート この本は池田さんの青春画像だろうと思います。貧しくてろくに絵具も買えず、本物の名画に接する機会もなかった田舎の一人の少年が、にもかかわらず西欧の絵に憧れ、中でもピカソとゴッホとモディリアニに共感していく。つまりそれらの画家を通して自己表出をしているというふうに読みました。ピカソについて、

〈子供のような優しいところと、疑い深く小心で、嫉妬深く、金銭にケチで、見栄坊で……自信家で、しかし恐しく自分の才能や健康を不安がり、女好きだがあきっぽく……ダンディかと思うと無頓着で、絵ばかり描いている男〉

と表現しているんですけれど、これはかなりの部分、池田満寿夫そのものではないか。彼は奥さんが浮気するんじゃないかと、いつも心配してる。先日、御本人がテレビでいっていました。(笑)

〈モディリアニのスタイルは理論的必然性から発展してつくりあげたものではない。それはあくまで個性の力と嗜好(しこう)によって、いわば一種の即興力と感覚で出来たものだ〉

このへんも、実は自分を語っているのだと思いますね。

山崎 「自分史」という言葉が最近あるんだそうです。ごく普通の人たちが、自分の体験したことを文章にして、大抵は自費出版という格好で世に問うというのが流行しているんですね。

一九七〇年代以降の日本は、個人が一人一人になっていくという傾向がみられる。これまで集団化社会の中で生きてきた日本人ですが、寿命が長くなったとか、職場にいる時間が短くなったとか、いろんな事情から、自分というものに帰っていく、そういう時代がきている。「自分史」はその現れなんですね。

「自分史」と従来の「自伝」とには、一つのはっきりした違いがあるような気がします。「自伝」は、自分が何になったか、いかにして自分を形成したかということに大きな眼目があるわけです。ところが「自分史」のほうは、自分が何を体験したかということが大切で、その結果、自分が何になったかということはどうでもよい。

池田さんのこの本は、プロが書いた自分史だという気がしました。たしかにピカソやゴッホに共感していく過程が生々しく、正直に書かれてあります。しかしいくら読んでも、池田さんがピカソを見て、自分の作風がどう変ったか、発展したかということは一切書いてない。彼はいろいろ体験したけれど、体験によって何になったかは書いてないんです。これは自伝ではなく自分史ですね。

木村 どうしようもないことを書いているところがありますね。

モディリアニについて何を書いていいかわからなくて、日本間の掘ゴタツに坐って前方の障子を見ている。盛りソバ二枚食べ、コーヒーを数杯飲んで、さあどうしようってことを、そのまま書いてゆく。この文章のなかで彼が言いたいことはただ一つ、モディリアニという人は“精液をモンパルナス中にまきちらした男”だと。(笑)これはまさに自分史の感覚ですね。

丸谷 ただし、無内容なその文章がキラキラ光ってるんですよ。それはいわゆる自分史の筆者たちの益体(やくたい)もない文章とはまったく違う。

山崎 これは画家でなければ書けないなというところがいくつかあります。たとえばゴッホについて。普通、評論家たちはゴッホの狂気を問題にし、文明を語る。

しかし、池田さんは、ゴッホは職人的にうまい絵具の使い方をしたので、いまだにゴッホの絵はひびも入らず、かびもはえないで保存がいい、と書いている。これには敬服しましたね。

丸谷 あれはすごいね。

山崎 ただしケチをつけると、所どころどうかと思うようなことが書いてある。〈ピカソはフォルムにおいて、マチスは色彩において偉大であった〉。こんなのは教科書的美術評論家がいうことで、マチスは実に立派なフォルムをもった画家です。池田さんほどの人が、うっかりこういうことを書くと、流す害毒がいささか大きい。

丸谷 僕がさっき陰毛の話をしたのは、文春の読者がかならずや喜ぶだろうと思って紹介したんですが、(笑)ああいうことはこれまであまり論じられたことがないと思うんです。おそらく不謹慎だと非難されないためでしょう。ところが池田満寿夫は平気で論じる、それを読むと不謹慎という感じは全然しない。僕はさっき「上品」といったけれど、むしろ、品などというつまらない概念のない世界にわれわれは誘いこまれてしまう。

木村 十四代 純米吟醸酒未来&本丸 2本セット

山崎 あえて正論を言えば、モディリアニの裸体描写が猥褻だというのは褒めすぎだと思います。猥褻ならルーベンスのほうがずっとすごい。

私がこの本を自分史だといったのは、彼が、青春のある時点においてモディリアニを見て大変欲情した。それは嘘いつわりのない事実である。しかし、客観的にモディリアニがそうだったかというとこれは問題がある。

丸谷 要するに、これは「私の画家論」ということでしょう。それで「私の」というところにアクセントがかかっているんですね。三人の画家を論じてあるけれども、四人目の画家である池田満寿夫が一番大事なんだ。(笑)

山崎 「ピカソの呪術的フォルム」「マチスの色彩」「モディリアニの熱情」「ゴッホの波打つような形態と激しい色彩」……この中に書かれていないことが一つある。それは線です。ところで池田満寿夫という人は、私の見るところ、まさに線の画家なんです。だから遂に自分のことだけは隠して語らなかった。

丸谷 もっというと、池田満寿夫はいままで油絵を描いてない。ところがこの本では三人の油絵画家のことを書いていて、版画家も水彩画家も論じていない。自分についてこういうふうに語る語り方もあるってことですね。

木村 印刷技術の悪いピカソの複製と、のちに見た実物の違いにびっくりしたという話が私には印象的でした。複製によって心の中ではぐくんできたピカソこそ、著者の原動力だったわけですが、考えると日本の近代文化というのは、おしなべてそうなんですね。いわば「心の中のヨーロッパ」が憧れとしてあった。最近は実物を見られるようになって「あっ、ヨーロッパもダメになった」といってる。(笑)その、実物が見られるようになった時代が幸せかどうか問題だということは、この本からもよくわかります。

山崎 逆にヨーロッパ人が浮世絵を見て印象派を作ったというけれど、日本の全体像は全然見ていなかった。ギリシャ文明を見てルネサンスを興したというけれども、ルネサンス人が見たのは白亜大理石のギリシャで、本来のけばけばしく塗りたくったギリシャではなかった。むしろ創造というのは、つねに幻想と錯覚からおこるんですよ。

木村 そう。日々一緒にいてさえ、相手を理解しないものがいる。女房がそうだ。(笑)

山崎 なんだかきょうは、木村さん、危険な話ばかりだなあ。(笑)

丸谷 Angelic Pretty - azu様専用 Fancy whipジャンパースカート北欧モダンデザイン 木肘ソファダイニング 4点セット テーブル+2人掛けソファ1脚+1人掛けソファ2脚 W120 ソファ座面カラー【グレー】限定値下げメタリックブラック モッキンバード B.c rich hide

私のピカソ 私のゴッホ
  • 著者:池田 満寿夫
  • 出版社:中央公論社
  • 装丁:ハードカバー(137ページ)
  • 発売日:1983-11-01
  • ISBN-10:4120012522
  • ISBN-13:978-4120012525
内容紹介:
ピカソ、ゴッホ、そしてモディリアニ。青年の日に深い衝撃と決定的な影響をうけ、今なお心を捉えて離さない天才たちの神話と芸術を、自らの青春と重ね合わせて描く白熱のエッセイ。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
三人で本を読む―鼎談書評
  • 著者:丸谷才一,木村尚三郎,山崎正和
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:単行本(378ページ)
  • ISBN-10:4163395504
  • 壁掛け時計 孔雀 鳥 動物 花 高級 豊富なデザイン おしゃれ 室内芸術1310

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

話題の人気 【収蔵家蔵・戦・青銅製・水坑青銅劍】祭祀品・附葬品・古賞物・古美術品・中国時代美術011264 その他

EF EcoFlow(エコフロー) ポータブル電源 RIVER専用容量拡張バッテリー 288Wh 家庭用 アウトドア用

話題の人気 【収蔵家蔵・戦・青銅製・水坑青銅劍】祭祀品・附葬品・古賞物・古美術品・中国時代美術011264 その他

    MNちやん
    ページトップへINFORM.NETWORKISTICS.COM RSS